モノ アウトドア&防災

運動会やフェスで大活躍!今話題の7秒で開くワンタッチテントを実際に使ってみた感想

投稿日:2018-06-27 更新日:




女性でも気軽に設置できるということで、今大人気のワンタッチテント

その中でも、楽天市場で今年最も売れているワンタッチテントがこちら。

2016年夏に発売開始以来、2017年から現在に至るまで楽天市場のテント部門でランキング1位を獲得中

アウトドアが大好きな我が家ですが、テントの設営作業はどんなに頑張っても30分はかかります。

7秒でテントが設置できれば、その分早くビールが飲める……

そんな不純な動機から、今話題のワンタッチテントが本当に使えるかどうか徹底検証してみました。

ワンタッチテントの選び方

テントの大きさは要チェック

まず確認すべきなのはワンタッチテントの大きさ

たいてい使用目安人数という表記もありますが、あの数字は全くあてになりません。

4~5人が目安と記載されていても、実際使用してみると2人で使うのがちょうどよいサイズだったりすることもよくあります。

そしてさらに注意してほしいのは、テントの外寸ではなく内寸をチェックするということ

例えば今回購入したテントは、外寸だと210×230センチで高さが140センチですが、内寸は175×180センチで高さは120センチ。

我が家愛用のFIELDOORの幅90×195センチのエアマットは、残念ながら1枚ひくのがやっと。

もし3人以上で使いたいという方の場合は、もう少し大きいサイズのワンタッチテントを探す必要があるでしょう。

写真だけ見るとサイズ感がよく分からなくなるので、実際のサイズ寸法を確認してイメージすることが重要と言えるでしょう。

耐水圧やUVカット率

テント購入の上で特に要チェックなのは耐水圧

かんたん説明

耐水圧とは防水性能の目安として使われる数字。

対象素材の上に1㎝四方の水を積み上げて水圧をかけた時、何㎜の高さまで裏に水が漏れださないかを計測します。

一般的な傘で耐水圧が500㎜、一般的なテントで1000㎜と言われ、1500㎜の耐水圧があれば強い雨にも耐えられるといわれています。

今回購入したワンタッチテントは耐水圧が2000㎜、さらにはっ水加工もされているので、多少の雨でも使用には問題ありません

さらに、どれだけ強い日差しをカットしてくれるかというのも重要なポイント

最低でもUV加工されているものを選ぶ必要があるでしょう。

このワンタッチテントの場合、UV加工されているのはもちろん、数値もUPF50+という最高値

※UPF50+とは、夏の太陽光の下で肌が赤くなるのを約50倍以上遅らせてくれるということ

これだけのUV加工がされていれば、暑い太陽の日差しの中でも安心です。

ワンタッチテントの組み立て方

一番気になるのは、本当にこのテントは7秒で広げることができるのかということ

正直こんな簡単に行くわけないと半信半疑だったのですが……

少し戸惑いながらも20秒で完成。

あと何回かやれば、7秒という数字も夢ではなさそう。

もちろん、ワンタッチテントは通常のテントと比べかなり軽いので、ただ広げるだけだとすぐに風に飛ばされます。

特に海などで使用する場合は、ロープでしっかり固定することが必須条件となってくるので、プラス10分程度はかかるでしょう。

ただロープで固定する箇所も少ないので、他のテントと比べると圧倒的に設営が楽なのは間違いありません。

逆にたたむのは、意外とめんどくさいという印象

写真のお姉さんは簡単にたたんでいますが、実際やってみるとそんな簡単にはたためませんし、収納袋に入るサイズまで小さくするのも一苦労。

私が不器用なせいかなと思ったのですが、口コミを見るとみんな収納では苦労している様子。

どうしてもうまくたためないという方は、収納袋にしまうのを諦め、付属のベルトで縛るだけで持ち運ぶというのも一つの選択肢でしょう

恐らくそれなら1分もあればテント撤収が完了します。

ワンタッチテントはこんな人におすすめ

とにかく設営が容易でなので、普通ならわざわざテントを建てるのはめんどくさいと思うようなシチュエーションで使うのがおすすめ

海や川などで水遊びをする時の着替え場所として使うのもいいですし、お昼寝タイム用に設営するのも良いでしょう。

運動会や野外フェスなどでも大活躍してくれるはず

軽くて持ち運びがしやすいのも高ポイント。

もちろん日帰りキャンプだけでなく、本格的なキャンプでも使用可能

ただ耐水圧が高いとはいえ、傘のような骨組みなので風に弱そうな印象があります。

強風時の使用は控えた方が良いでしょう。

またより快適に使うために、厚めのグラウンドシートなどを敷くと良いかもしれません。

サイズ的には、大人2人×子供1人が快適に寝るには限界の収容人数

もしそれ以上の人数の場合、FIELDOORのワンタッチテントの方がおすすめです。

amazonのお得な買い物術

 

アマゾンで買い物する時は、Amazonギフト券にチャージ(入金)してから支払うのがおすすめ。

チャージする度に、チャージ額×最大2.5%分のAmazonポイントが貯まります

ギフト券の残高有効期限は安心の10年なので、まとめてチャージしても大丈夫。

アマゾンで買い物する時は、必ずギフト券で支払いをしましょう。

チャージするだけで最大2.5%のポイントゲット

Amazonギフト券(チャージタイプ)を購入

チャージは簡単!コンビニ・ATM・ネットバンキング払いで

ワンタッチテントおすすめまとめ

今回購入したワンタッチテントはビックリするくらい安かったため、実際に使えるかどうかは半信半疑でしたが、いざ使ってみるとコスパ的にかなり優秀なテントという印象を受けました。

災害など何かあった時用に、車に積みっぱなしにしておくのもいいかもしれません

アイデア次第で様々な使い方ができますし、今までテントを設営するなんて考えたことがなかった状況でも使えそうな感じ。

口コミを見ても高評価の人が多いのもうなずけます。

スペースに少し余裕をもって使いたいという方には、FIELDOORのヘキサゴンタイプのワンタッチテントがおすすめ

【初心者キャンパーにもおすすめ】コールマン タフスクリーン2ルームテントをおすすめする理由

【初心者キャンパーにもおすすめ】コールマン タフスクリーン2ルームハウスをおすすめする理由

続きを見る

寝心地で決めるならFIELDOORのエアマットが一番おすすめ

コスパと寝心地で選ぶならFIELDOORのエアマットが一番おすすめ。実際に使ってみて分かったこととは

続きを見る

ポータブル電源は運動会やフェスの時も大活躍してくれます

車中泊・アウトドア・災害時に絶大な威力を発揮!最強ポータブル電源S270を使ってみた感想やメリット・デメリットを徹底解説

続きを見る

▼北海道のお気に入りキャンプ場をどこよりも詳しくレビュー▼

詳しくはコチラ

The following two tabs change content below.
ジョニー

ジョニー

北海道とタイが大好きで、妻と二人で行ったり来たりしているアラフォー男子。 ここ数年は、タイにいる期間の方がちょっと長め。 夫婦とも、美味しいものとお酒とアウトドア、それにコスパが良いものが大好き。 更新情報やちょっとしたことはツイッターでつぶやいています。 @johnny__88 ←フォロー大歓迎です

3か月無料体験中!みんなの優待

会員制割引クーポン使い放題サービス「みんなの優待」(月額490円)の無料体験期間が、今だけ3か月に大幅延長されています(通常は1か月)

※6月30日までの期間限定 好評の場合は夏まで延長予定!

もちろん、3か月の無料体験期間中に解約すれば、料金は発生しません

全国のレジャー施設や飲食店のクーポンがたくさんあるので、申し込むなら今がチャンスかなと思います

≫【今だけ3か月無料体験中】みんなの優待

▼関連記事

【3か月無料体験中】みんなの優待の使い方やおすすめクーポンと解約方法

誰でもできる外食代を半額にする方法

当たり前ですが外食はお金がかかるので、なかなか頻繁には行けません。

ですがファンくるに登録して以来、我が家は月に数回ですが約半額で外食を楽しめています。

ファンくるは覆面調査紹介のサイトなのですが、私の住んでいる札幌は特に居酒屋系の案件が充実。

写真を撮ったりアンケート(約60問程度)に答える必要がありますが、飲食代が半額~70%還元になり、案件によっては無料になることも。

先日も某焼き鳥居酒屋を覆面モニターしてきましたが、実質ほぼ無料で思う存分食べ飲みできました。

グルメ以外にもエステやマッサージが実質半額で受けられたり、新商品サンプルモニターなどの案件が充実。

利用者側にはメリットしかないサイトなので、登録しておいて損はないでしょう。

詳しくはコチラ

amazonのお得な買い物術

アマゾンで買い物する時は、Amazonギフト券にチャージ(入金)してから支払うのがおすすめ。

チャージする度に、チャージ額×最大2.5%分のAmazonポイントが貯まります

ギフト券の残高有効期限は安心の10年なので、まとめてチャージしても大丈夫。

アマゾンで買い物する時は、必ずギフト券で支払いをしましょう。

チャージするだけで最大2.5%のポイントゲット

Amazonギフト券(チャージタイプ)を購入

チャージは簡単!コンビニ・ATM・ネットバンキング払いで

-モノ, アウトドア&防災

Copyright© ジョニコミ , 2019 All Rights Reserved.