ジョニコミ

気になるモノやサービスを実際に使ってみたジョニーさんの口コミまとめ

モノ マンガ

宇宙系SFマンガの傑作プラネテスの魅力や感想を熱く語ってみた。1話だけでいいから試し読み推奨

投稿日:2018-05-13 更新日:

はるか昔から多くの人の心を捉えて離さないのが神秘の空間宇宙

私も昔から宇宙に興味があり、出来ることなら地球を外から眺めてみたいと今でも思います。

宇宙開発は日々進歩していますがまだまだ未知の世界。

当然宇宙物の映画や本はSFの範疇を超えないのですが、数ある宇宙が題材のSF漫画の中でも私が大好きなのが「宇宙兄弟」と「プラネテス」

宇宙兄弟は現在も連載が続いていてコミックも33巻(2018年5月現在)まで出ているので、新たに手を出すには少し勇気がいりますが、プラネテスは全4巻で完結しているので週末の一気読みなんかにもおすすめです。

プラネテスのテーマは宇宙ゴミ

SF宇宙物というと銀河系横断とか異星人の襲来といった現実的にあり得ない作品も多いのですが、プラネテスがテーマにしているのは宇宙ゴミ(スペースデプリ)というかなり現実的なもの

出典:プラネテス1巻

宇宙には何もない空間が広がっているような印象がありますが、実際はいろいろなものが飛び交っています。

その中でも近年宇宙開発が進むにつれ問題になっているのが、宇宙ゴミ(スペースデプリ)

代表的なスペースデプリとして各国が打ち上げて不要になった衛星がありますが、そのような大きいものなら事前によけることができます。

ただその衛星が破損してバラバラになったら、無数の部品が秒速8キロ(ピストルの弾丸の20倍の速度)で飛び交うことになります。

たかがネジ一本でも、秒速8キロで飛んで来たらかなりの脅威。

出典:プラテネス4巻

中には自国の利益を優先させるためにあえてスペースデプリをばらまこうとする人たちも。

通称デプリ屋と呼ばれる宇宙ゴミ回収作業は、給料はいいがきつくて危険しかも地味な仕事で、人気もあまりありません

そんな宇宙ゴミを回収する船に乗り込む4人のクルーの話を中心に、プラネテスのストーリーは展開されていきます。

ただいきなりスペースデプリとか言われても絶対ピンと来ないはずなので、まずは第1話だけでいいので試し読みしてみてください

この第1話は、私の中でプラネテスの中で間違いなくベスト3に入るいい話

最初読んだときは、予想外の展開に涙が出そうになりました。

プラネテスを読む気が全くない人も、本当にいい話なのでこの第1話だけは読むことを強くおすすめします。

以下のリンクで登録しなくても無料で読むことができます

プラネテス1巻第1話の無料試し読みはこちら

以下の部分には多少ネタバレも含まれるので、ご了承ください

主人公ハチマキの夢は宇宙船購入

プラネテスの主人公は千葉県九十九里浜出身の星野八郎太(ハチマキ)

夢は自分の宇宙船を購入して好きなところに自由に行くことで、そのための頭金を貯めるためきつくて危険だけで給料の良いデプリ屋を続けています。

出典:プラネテス1巻

危険な仕事なので怪我をすることも日常茶飯事。

無重力状態で生活するという事は筋力が衰えるという事なので、毎日筋トレしないと地球で生活できなくなってしまいますし、骨粗しょう症になって骨も折れやすくなります。

出典:プラネテス1巻

事故で宇宙空間に放り出されたりすると、精神を病んでしまうことも。

ただ悪運の強いハチマキは、数々の事故に巻き込まれても奇跡的に大けがを負わずに乗り切ります。

出典:プラネテス1巻

そんな中ハチマキには、人類初の木星往還船のクルーに選ばれるという新たな夢ができます。

そしてこの夢をかなえるために日々努力し成長するハチマキ。

自分の宇宙船を購入する夢も、木星往還船のクルーに選ばれるという夢も、客観的に見れば分不相応の実現不可能な夢

でもそんな夢をかなえようとただただ孤独に必死でもがくハチマキの姿は、痛々しくもありますが共感できたりもします。

 

以下ちょっとしたネタバレ↓↓↓

 

 

出典:プラネテス2巻

ハチマキの後任としてクルーに加わった、新人デプリ屋のタナベ。

最初は相性最悪の二人でしたが、ハチマキは一人でもがき苦しむ中で一人では生きていけないという真理に気づきます。

プラネテス3巻はかなり熱い内容。

表紙を見ると分かるように、ハチマキとタナベの関係性に大きな変化が訪れます。

Googleなどでプラネテスと検索すると、関連ワードとして「しりとり」が出てくることがありますが、その名シーンがおさめられているのも第3巻

出典:プラネテス3巻

この後の展開はかなり胸熱。

単なるSF漫画ではなく、心温まるヒューマン要素も多く含まれているのがプラネテスの魅力の一つです。

個性豊かな脇役たちのサイドストーリー

主人公のハチマキ以外にも、プラネテスに出てくる船乗りたちは個性的で魅力的なキャラクターばかり

出典:プラネテス1巻

明らかにハチマキより背が高いこの女の子は、月面人(ルナリアン)でなんと12歳。

低重力下の月面で生まれ育ったため背は伸びましたが、中身は間違いなく子供。

地球の海で泳ぐことを夢見ていますが、残念ながら地球の重力には耐えることができません。

彼女がどんな選択をするのか、プラネテスの1巻では描かれます。

私が個人的に好きなキャラクターは、ハチマキのお父さんのゴローさん

優秀な宇宙船の機関士で、ハチマキが幼いころから家に帰らず宇宙を飛び回っているちょっと変わったお父さん。

出典:プラネテス3巻

火星で18人揃えて本格的に野球の試合をする話はかなり秀逸。

他にもデプリ回収船のクルーそれぞれのサイドストーリも、適度に掘り下げられます。

あまりにも本線から外れて過去の回想エピソードが多すぎるとちょっと冷めてしまいますが、プラネテスはそのバランスが絶妙

ただ本当によく出来たストーリーなので、一回読んでその深いところまで理解するのは恐らく不可能。

全巻購入したら、最低でも3回は最初から読み直すことをおすすめします

プラネテスを読むなら電子書籍もおすすめ

読みだすと止まらないマンガなので、宇宙が好きでもそうでなくてもプラネテスは単行本で全巻揃えるのがおすすめ

ただ私のように飛行機の中で読みたいというような方や荷物を増やしたくないという方、夜中に急に読みたくなった方には電子書籍という形での購入もおすすめ。

気軽に読みたい方におすすめなのが、48時間100円からレンタルできる電子貸本Renta!


初めての人でも簡単に読めちゃう。コミック1冊100円レンタル、Renta!

電子貸本Renta!は無料の作品も多いですし、24時間読みたいときにいつでも簡単に自分のスマホやタブレットで読める気軽さが気に入って、私もよく利用しているサービスです。

ただ残念ながらこの記事執筆のタイミングでは、プラネテスはRentaで取り扱われていなかったのでリクエストしておきました。

近い将来Rentaのラインナップに加わることを期待しています。

電子貸本Renta!はこちらから

私のようにオフラインでも読みたいという方におすすめなのは、電子書籍リーダーを使う方法

今コミックの品揃えが世界最大級の電子書店と言えば年会費無料のeBookJapan

特にマンガ・コミックに限れば現在断トツの品揃えで、希望のマンガが見つからないという事はほぼないでしょう。

登録しなくても無料で読める本も多いですし、お得なポイントサービスもあるのでポイントを使って気になる別の本を購入することも可能。

※先ほどプラネテス第1話の試し読みで紹介したのもこのeBookJapan

あのYahoo!Japanが運営にかかわっていますし、17年続く老舗で会員数も170万人以上なので、今最も安定している電子書店の一つと言えるでしょう。

オフラインでも読めるeBookJapanはこちらから

最終話でハチマキは、ひょんなことから船長に代わり全世界に向けてスピーチをすることに

出典:プラネテス4巻

淡々と話し始めるハチマキ。

その姿には、最初のハチマキからは想像もできないような風格さえ感じられます。

そしてこのスピーチでハチマキが全世界に語り掛けた最も大切なものとは………

 

プラネテスは完全に大人向けのSFマンガ

恐らく小中学生が読んでもよく分からないと思いますが、大人になってから読むと人生観が変わるかもしれないマンガの一つ。

宇宙とは何か、自分の存在は何なのか、といった哲学的な要素も含まれているので、読んだ後はマンガを読んだ後とは思えないような感覚に陥ります。

アニメ化もされたもので見たことある人も多いかもしれませんが、まだ見ていないという方は次の休みに全4巻一気読みしてみるのがおすすめです。

ちなみにアニメ版もかなりおすすめ。風の谷のナウシカ以来の星雲賞メディア部門を原作・アニメのダブル受賞という偉業を達成しました。最終話の一番最後には、原作にはない感動シーンもありますよ。

SFマンガ好きの方にはこちらの作品も絶対におすすめ

SF小説の傑作「地底旅行」のコミカライズ作品の先が読めないワクワクドキドキ感が半端なさすぎる件

最近読み始めたら思わず止まらなくなって、最後まで一気に読んでしまったおすすめのSF漫画が「地底旅行」 原作が発表されたのは1864年なので今から150年以上前ですが、ここまでワクワクする漫画には久々に ...

SFマンガ好き必見‼2年ぶりに新刊が出たレッツラグーン5巻が熱すぎる。表紙からは分からない魅力を徹底解説します

実は私は大のマンガ好きで昔は毎月のように単行本を購入し、部屋の中はマンガ喫茶のような感じになっていました。 主に少年ジャンプに掲載されている系のマンガを収集していましたが、現在は持っていたマンガのほと ...

The following two tabs change content below.
ジョニー

ジョニー

北海道とタイが大好きで、妻と二人で行ったり来たりしているアラフォー男子。 ここ数年は、タイにいる期間の方がちょっと長め。 夫婦とも、美味しいものとお酒とアウトドア、それにコスパが良いものが大好き。 更新情報やちょっとしたことはツイッターでつぶやいています。 @johnny__88 ←フォロー大歓迎です

-モノ, マンガ

Copyright© ジョニコミ , 2018 All Rights Reserved.